Basecamp

私たちがベースキャンプに求めたことは、ツールウォッチとしての真価です。それは、「丈夫であること」そして「安価であること」この2つです。フロントガラスに強化ポリカーボネートを使用、防水機能も100mと日常の中であなたがどこに行こうとも、その腕の中で時を刻み続けられるアイテムとなることでしょう。それは決して高価な機械式時計ではなく、このベースキャンプこそフィットするはずです。 3万円代で機械式をカスタマイズする喜びを。

私たちがベースキャンプに求めたことは、ツールウォッチとしての真価です。それは、「丈夫であること」そして「安価であること」この2つです。フロントガラスに強化ポリカーボネートを使用、防水機能も100mと日常の中であなたがどこに行こうとも、その腕の中で時を刻み続けられるアイテムとなることでしょう。それは決して高価な機械式時計ではなく、このベースキャンプこそフィットするはずです。 3万円代で機械式をカスタマイズする喜びを。

the dial


マットブラックにヴィンテージカラーでアレンジされた文字が特徴の文字盤とインデックスが上部に1つのみデザインされたミニマリズムなベゼル。ツールウォッチとしてのカジュアルさを残しつつ、両方向に回転するこのベゼルがとてもアンティークを感じさせてくれます。

信頼性の高い「SEIKO(SII)NH35a」を採用したオートマチック(自動巻機械式:日差±20〜40秒/日)タイプ。UNDONEのダイバーズウォッチシリーズと同型のムーブメントで、フルリザーブで42時間駆動し続けます。また、秒針の細かな駆動(21,600振動/時)や、31日カレンダーも搭載した3針スタイルのムーブメントとなっています。また、背面がガラスタイプになっているので、心臓部分の動きが見えるのも特徴です。

信頼性の高い「SEIKO(SII)NH35a」を採用したオートマチック(自動巻機械式:日差±20〜40秒/日)タイプ。UNDONEのダイバーズウォッチシリーズと同型のムーブメントで、フルリザーブで42時間駆動し続けます。また、秒針の細かな駆動(21,600振動/時)や、31日カレンダーも搭載した3針スタイルのムーブメントとなっています。また、背面がガラスタイプになっているので、心臓部分の動きが見えるのも特徴です。

the hands


主な特徴であるオレンジの時分針はとても視認性が高く、UNDONEの創業者マイケル・ヤンが愛するロレックス「エクスプローラーII」からインスパイアされデザインしました。