なぜ男は「ダメージ」に惹かれるのか?無骨なレザーに重厚ケースが男らしい

UNDONE
UNDONE

デニムやレザー、ウッドなど、ダメージ加工に魅力を感じるのは男の性(さが)なのかもしれない。

 

廃墟だったり、錆びついた海辺のコンテナとか、そういったものも哀愁を感じてついつい見入ってしまう。

 

 

UNDONEは「ヴィンテージをいじる楽しさ」という発想から出発していることもあり、このあたりの感覚の設計が絶妙だ。

 

ベルトは「ホーウィン」のディープブラウン、ケースはローズゴールドで落ち着きを表現。

 

この組み合わせで、ダイヤルは少し明るさを出しつつも、やはり落ち着きを感じさせるSunrayのブルー。

 

ちなみに、写真のサドルは、実家で管理が悪くて錆びついた、10年前に乗っていた自転車だ。

 

ふと、哀愁漂う写真を撮ってみたくなって、カメラを向けたらうまくハマった。

 

あえてのダメージ加工の時計もUNDONEならでは。

 

UNDONE
UNDONE
UNDONE
UNDONE
UNDONE
UNDONE
UNDONE
UNDONE
UNDONE

Aqua Black

¥57,000

時間 分以内にご注文でまでに発送